ハミングウォーター サーバーの特徴|サイズやカラー(黒は?)など

サーバー『フローズ』の機種の詳細|サイズや温度、機能など

ハミングウォーターと言えば!
お借りできるサーバーはフローズって言います。
これ、すごいんです。
床置きするタイプのウォーターサーバーでは横幅が最小クラスの大きさで、かつスマートな見た目から想像できない水道水のろ過システムになっています。
サイズはもちろん、あらゆるお部屋に合うようにカラーリングはシンプルな白を基調としたデザインです。
※白色のみで黒色などは出ていません
水道水を補充するというポイント意外でも、便利な機能がいくつもあります。
・UVによる殺菌機能でコロナにも期待
・エコモードで温水を封じて電気代を半分程度に
・フリーメンテナンス構造でお掃除の手間を最小限に

UV殺菌や再加熱と便利さを追求した機能面

さきほども触れたUV殺菌だけでなく、再加熱によって熱される事で衛生面を保つという役割も期待できるのがハミングウォーターです。
ボタンで最大90度にまで熱せられますが、もちろん何もせずとも自動的に80℃から90℃までの間を行き来します。
カップラーメンやスープといったもの、キレイでおいしいお水なので鍋料理などにも良さそうです。
お湯の温度としてはすこし物足りないかもしれませんが、近年の湯で戻す製品などはお水でも戻せるほど高機能なので、あまり気にする必要はありません。
機種の個体による差で、まれに故障しているサーバーに合う可能性もあります。
それによってお湯が出ない事、水そのものが出ない事もあり得ます。
その際は、本体の無償交換サービスを使って株式会社コスモライフに返却してください。
もちろん水抜きも!

水漏れや水が出ないなど最悪のパターンを想定すると…

サーバーの故障表示が出ていないけど、サーバーの後ろ側が水漏れしてしまっている最悪のパターン、ほかにもボタンの全点滅などエラー表示が出るパターンも0ではありません。
そういった最悪の事を想定して、事前にハミングウォーターのコールセンターの電話番号が書かれたシールを本体に貼っておきましょう。
フローズが届いたときに取扱説明書とともにシールも同封されています。
ウォーターサーバーというデリケートな存在なだけに、故障・破損するってことはもちろんあります。
不可抗力にしろ、破損してしまったにしろ、サーバーの故障をしてしまった場合は、取扱説明書で対応できる部分は対応して、ダメな場合はサポセンに電話で問い合わせしてください。

エコモードを駆使して電気代をカット!温水が出ないので注意

ハミングウォーターの機能として先ほどもすこし触れたエコモード。
どんな仕組みかというと、1日にハミングウォーターは一定の温度まで下がると再加熱を行い、お湯が使える仕組みになっていますが…
この再加熱、実は意外と毎日行うことで電気代がけっこう変わってきてしまいます。
通常どおり使うと1000円近くまで上がる場合もあるので、その為にフローズを使わない場合は、エコモードにしておくと良いでしょう。
一度このモードに切り替わると、最長で6時間は加熱機能がストップします。
その間は加熱されませんので、温度は落ち続けますが電気代を大きくカットできて、1日に2回ほどの頻度で使えば月々475円程度にまで抑えることは可能となっています。
温水はその間でないので、料理なりカップラーメンなりに使うときは再加熱ですぐに温めてお湯を使える状態にしましょう。

ほかのウォーターサーバーと比較|うるさい音やカートリッジ交換など

他社と違って、月額は圧倒的に安いです。
その分、乗り換えキャンペーンやら申し込みの割引クーポンなど、そういったサービスは行われていないのがすこし残念な点です。
とはいえ、ほかのウォーターサーバーと比較して料金が安いだけでなく、フィルターの機能性、掃除の手軽さ、水道水を補充するタンクの容量も十分にあり、活用しやすいと言えます。
また、音に関しても水道水を入れたときにすこしコポコポ音やサーバーの加熱時の音などはありますが、とくにうるさいというレベルではありません。
カートリッジ(フィルター)も、数分程度で交換できるほどで、専門のプロじゃなく素人でもとっても簡単に交換できます。
一度、この便利なハミングウォーターは使ってみてほしいですね。
現在、潟Rスモライフがコスモウォーターよりも力を入れているウォーターサーバーであり、ほかにポイントサイト経由でレンタル開始も可能なサーバー(いくつかのポイントサイト経由で契約も可)ですよ!

TOPへ